菓子街道を歩く

ホーム > 菓子街道を歩く 金沢 No.204

松江

兼六園。代表的な林泉回遊式大名庭園で、日本三名園の一つに数えられている。冬には雪吊りの松、春には桜、初夏にはカキツバタなど四季折々に楽しめる。*

 北陸新幹線が、長野から金沢まで延伸したのが、いまからちょうど4年前。東京−金沢間が乗り換えなしで2時間半の距離となり、訪れる人が増え、金沢の町が変わった。
「活気が出た」「企業がやってきた」「外国人観光客が増えた」という声が聞こえる一方、「ホテルの予約が取れない」「タクシーが足りない」「食材の値段が上がった」とのうわさもある。
 いずれにしても、新幹線の延伸は、これまでの他地域でのケースに比べても、はるかに明確な影響を地元に与えている。

郷土玩具をかたどり

 金沢駅の新しいショッピングモール「あんと」のレジの前は、いつも人だかりがしてにぎやかだ。
金沢の主な和菓子屋や工芸品店の商品を網羅した売り場で、市内・御影町に本店を置く金沢うら田の「加賀八幡 起上もなか」も人気商品の一つ。赤い包装紙に、ピンクのほっぺの童子の顔と松竹梅のめでたい模様。華やかでかわいい形状は、金沢の郷土人形「加賀八幡起上り」を模している。なかには7個入りの箱の真ん中に、ちょっといたずらのように本物の人形が一つ、もなかと入れ替わった楽しい詰合せも。

菓子づくり80年

 金沢うら田のホームページの会社案内欄に、『うら田今昔』と題した社史が掲載されている。創業80年の歴史を率直、平易にまとめた読みごたえのある文章だ。
 現社長の祖父にあたる創業者が金沢の町のパン屋で懸命に修業し、やがて暖簾分けでパンの販売を始め、戦前戦後の幾多の困難を乗り越えながら和菓子を作るようになり、息子、孫へと受け継いできた過程を淡々とした筆致で描く。それは、一つの家を取り巻く人々の努力の記録であると同時に、加賀百万石の城下町の歴史の一角を生き生きと物語っている。
 和菓子を本格的に作り始めた初代は、「柴舟」で知られる同じ金沢の柴舟小出の主人の示唆を受けて「加賀舞づる」を創作。昭和30年に販売を始めた「加賀八幡 起上もなか」も、郷土玩具店の「中島めんや」の主人と知り合いだったことが商品化につながった。こんなところにも、金沢の老舗同士のご縁がうかがえる。
 2代目は、火事による工場全焼からの再建を担い、今に続くロングセラー商品「さい川」を開発。さらに和菓子も洋菓子も売る店舗や大型ショッピングセンターなどへの出店と、老舗の形を整えた。

イメージ   イメージ
金沢城。江戸時代に加賀藩主・前田氏の居城として築かれた。石川門と三十間長屋、鶴丸倉庫(すべて重文)を残して、明治時代に火災で焼失したが、近年、櫓や門、庭などが次々に復元整備されている。写真は復元された五十間長屋。*   鈴木大拙館の「思索空間と水鏡の庭」。仏教哲学者・鈴木大拙の考えや足跡を伝えるとともに、来館者自らが思索する場として利用することを目的につくられた。設計は、谷口吉生。若者や外国人の姿も目立つ。
写真提供:鈴木大拙館

今、ここ、私

 当代の社長・浦田東一さんは、ただいま56歳(昭和37年生まれ)。座右の銘は、「今、ここ、私」だ。「先のことを考えすぎず、毎日を大切に、今、この瞬間にやらなくてはならないことにしっかりと目を向ける」という意味だという。 日々、お客様への言葉遣いや対処の仕方、店のポップの表現一つにも気を遣う。菓子作りも、手作業を大事にしつつ、最近では餡の状態などを科学的に数値化し、商品を均一化することに苦心している。
 「加賀八幡 起上もなか」の包装紙にも、一工夫をした。初代が考案して以来、人形の衣の色はずっと白かったが、ある年の贈答期、詰め合わせ用の彩りに赤い衣を着せて入れてみたところ、女性従業員たちが「普段も赤がいい」。その声を拾い上げたのが、今の形だ。結果、新幹線延伸も相まって3倍近い売り上げになり、総売り上げの4分の1を占める主力商品になった。社内の日々のコミュニケーションの賜物だった。
 歴代それぞれが看板商品を送り出してきたなか、浦田さんが創案した「愛香菓」は、アーモンドとレモン、シナモンの香りが口の中で溶け合うちょっと洋風な和菓子。パン屋から始まった「うら田」のルーツを踏まえた一品だ。  さらに新商品の「どんつくつ」は、しっとりと甘いサツマイモを使った乳菓。金沢の茶屋街で、芸妓さんが叩く太鼓の音を菓子銘にした土産菓子で、今年2月初旬に発売を開始した。

イメージ
金沢の季節を映す生菓子にも力を入れている。

「文化と食」の厚み

 新幹線の延伸効果を生んだのは、もともと金沢が「文化と食」という、人を惹きつける要素を持っていたからだとも言える。兼六園の整った美しさは、外国人も含め、たくさんの観光客が楽しんでいる。
 金沢城公園では加賀藩三代藩主・前田利常公の作庭以来、歴代藩主によって手を加えられてきた「玉泉院丸庭園」の再生整備が終わり、いにしえの姿を取り戻した。
 金沢城公園からほど近い鈴木大拙館は、金沢が生んだ仏教哲学者・鈴木大拙の足跡を伝える施設。自然の森を背景にした鏡のような池の水面に、ときおり人工の波紋が立ち、来館者を深い思索へと誘っている。
 石畳の両側に出格子の連なる「ひがし茶屋街」は、老舗の出店や趣のあるカフェが増えて老若男女でにぎわい、一方、浅野川を挟んで向かい側の主計町茶屋街は、昔のままのたたずまいを残して、しっとりとした情緒が漂う。
 金沢の夕暮れを味わいながら駅へ向かう道すがら、ふと気になる店が。赤い看板に「めんや」の文字。まさしくそれは「加賀八幡 起上もなか」の原型になった起上り人形の「中島めんや」本店。店内には、土地の神楽で使うお面などと共に、大小さまざまな起上り人形が並んでいた。

金沢うら田・浦田東一さんのおすすめ
「金沢百万石まつり」

金沢の初夏を彩る、街をあげての一大イベントが「金沢百万石まつり」。霊水を汲み上げる厳かな「お水とり」の儀式に始まり、初代藩主・前田利家公などに扮した時代行列が金沢の街なかを練り歩く絢爛豪華な百万石行列や百万石踊り流し、兼六園などでの百万石大茶会が行われて、街が祭り一色となる。
2019年は5月31日(金)〜6月2日(日)の開催。百万石行列は6月1日に行われる。

イメージ   イメージ
百万石行列は、金沢駅を出発し、 香林坊を通って金沢城公園まで練り歩く。*   加賀百万石の伝統と文化を今に伝える時代絵巻。*

*印の写真提供:金沢市

金沢うら田 Kanazawa Urata

石川県金沢市御影町21-14
TEL :076(243)1719

イメージ  

金沢の自然と歴史と
文化に学び、
人の心をふわりと和ませる
うら田ならではの菓子を
創っていきたいと思っています。

       浦田東一


イメージ   イメージ
加賀八幡 起上もなか   愛香菓